「管理」してもらえる学校

a people are discussing

医学部に合格するには、試験で高い点数を獲得しなければいけません。予備校を選ぶ際には、本番でしっかり高得点を獲得できるよう勉強を「管理」してくれるところに着目する必要があります。

Read more

カギは「小論文対策」

a pretty girl

普通の試験に加えて、最近は面接、そして小論文に重きをおく医学部も増えています。今の時代、医学部に行こうと思うのなら、その対策もきちんと行ってくれる予備校を選ぶ必要があります。

Read more

「体験記」を読む

Students doing group exercises

予備校の多くは、実際に受験に成功した学生たちの「体験記」をHPなどで公開しています。医学部という難関に先輩たちがどのように挑んだのか、予備校がどんな支えになってくれたのか、知ることができます。

Read more

大切な予備校選び

the students with computers

ある道を進むための「進み方」はさまざまです。
たとえば、家を出て学校に行くまで徒歩で行くのか自転車に乗るのか、それともバスを利用するのか…選択肢はたくさんあります。
また、もっと話を大きくしてみても同じです。「お医者さんになる!」という目標を決めたとき、進むべき道は「医学部合格への道」ですが、その道の進み方にはどのようなものがあるでしょうか?
ひたすら自分で勉強する?経験者のアドバイスを聞く?家庭教師をつける?…こう考えていくと無数にありますが、ここでは「予備校を活用する」という進み方を提案します。
医学部合格に必要なノウハウを持った専門予備校に通うこと。実は、それこそが最も近道であるといえるのです。

専門予備校に通うことが医学部合格への近道…その理由は、何よりもそこが「学校」という形式をとっていること。
自分一人で勉強していると、一度どこかで詰まってしまうと一人きりで対処しなければいけません。
また、家庭教師と一対一で勉強すると密度の濃い時間を過ごせそうですが、この場合も同じ立場にいる仲間がいなければ、気持ちが挫けそうになってしまうこともあるでしょう。
予備校であれば、同じ目標を持つ人たちと切磋琢磨しながら勉強をすることができます。先生から教わるだけでなく、仲間から教わることも数多くあるでしょう。
まわりに優秀な生徒がいればいい刺激になるでしょうし、たとえばテストの順位が上がると、達成感を得ることができ、勉強にさらに身が入ります。

とはいえ、医学部専門の予備校の数は多いので、そこでもまた「選択する」ということが必要です。
それぞれに特色を持ち、さまざまな理念、カリキュラムをもっている予備校があります。
「どの予備校を選べば自分は医学部にスムーズに行くことができるのか?」
各学校を見比べて、より良いところを選びましょう。